ニュース

2021.12.27

RYDEと米子市などが実証実験開始デジタル化で公共交通の利用を促進

二次交通のDXを推進するRYDE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 杉崎正哉、以下「RYDE」)と米子地域MaaS協議会(事務局:鳥取県米子市)は、2022年1月1日よりスマートフォンを用いた、複数の公共交通を自由に利用できる電子チケット運用基盤「Y-MaaS」(わいまーす)の実証実験を行ないます。

RYDEが提供するモビリティプラットフォーム「RYDEPASS」を活用し、対象エリア初(外国人旅行者向けを除く)のデジタル乗車券「わいわいパス」の販売を開始します。

デジタル化によって、キャッシュレス決済による利便性向上や、データ活用によるプロモーション施策の検討など、県内外の公共交通の利用促進に繋げてまいります。

RYDEと米子市などが実証実験開始デジタル化で公共交通の利用を促進

商品概要

米子市を含む鳥取県西部圏域と島根県安来市のエリアで、バスが乗り放題(※平日は時間帯制限あり)となるデジタル乗車券です。乗車券のほか、対象エリア内の協賛店補では、割引特典等が付いたクーポンの使用が可能です。

乗車券は「米子市内1日券」と「広域1日券」の2種類をご用意。乗車できるバスは、米子市のコミュニティバス(だんだんバス、どんぐりコロコロ)、対象エリア内の日ノ丸自動車・日本交通の路線バス(高速バス、空港連絡バス等は除く)、安来市広域生活バス(イエローバス。松江市内は除く)です。対象エリア(米子市、安来市、境港市、大山町、日吉津村、南部町、伯耆町、江府町、日野町)沿線では、中国地方最高峰の大山・日本海・ラムサール条約登録の中海などの豊かな自然をはじめ、歴史や伝統、地元の特産物などをお楽しみいただけます。
まちなかとそこから広がる昔ながらの風景の中へ様々なテーマでおでかけください。

商品名
「わいわいパス 米子市内1日券」 「わいわいパス 広域1日券」

実施期間
2022年1月1日~2022年3月31日まで

金額
「わいわいパス 米子市内1日券」/おとな600円 こども(小学生)300円
「わいわいパス 広域1日券」/ おとな1000円 こども(小学生) 500円

対象商品URL
わいわいパス 米子市内1日券  https://pass.ryde-go.com/products/G763VWYS448Q
わいわいパス 広域1日券    https://pass.ryde-go.com/products/7VG8J2QS7V8W

わいわいパス 米子市内1日券/わいわいパス 広域1日券

Y-MaaSについて

米子地域MaaS協議会が推進する、米子広域圏(米子市、安来市、境港市、西伯郡、日野郡)の路線バス、コミュニティバス等の公共交通の利用促進を目的とした、スマートフォンを用いた電子チケットの実証実験です。

公共交通は、利用者の減少や運転手不足を背景とした路線廃止や減便などの深刻な課題を抱えています。地域のインフラとしてまちづくりに不可欠な公共交通を持続させるため、デジタル化による利用促進を行ってまいります。