OUR STORY

なぜ二次交通のデジタル化に取り組むのか

私たちの移動体験

新幹線に乗って京都旅行。飛行機で日帰り出張。高速バスで寝ていたら、あっという間に地元へ帰省。毎年夏休みはマイカーに乗って家族旅行。平和な平成を過ごし、現在に至っている私たちは、世界で最も快適で、安全で、正確な、素晴らしい移動体験を得られていたと思います。しかし、それはあくまで、一次交通とされる長距離の移動の話です。二次交通とされる日本各地の地域内の移動については、どうでしょうか。多くの人が、どこで何が利用できるのか・どう利用すればよいのかわからない、乗車券の購入のために長蛇の列に並ぶ、ものすごく混雑している、etc. わからないこと・難しいこと・不便なことが沢山あったのではと感じています。

目の当たりにした移動の現実

RYDE 設立以前、私たちは、システム開発やデジタルマーケティングのお仕事を、交通・観光分野の事業者様・自治体様から数多く頂いて参りました。その中で、二次交通とされる分野が、地方において特に深刻な、少子高齢化による人材不足や財政難といった課題、地域の交通事業者様、自治体様、街の中小事業者様のちょうど間に位置してしまう構造的な課題などから、デジタル化の波に乗れず、世の中の流れから大きく取り残されてしまった厳しい現実を目の当たりにしてきました。

二次交通のデジタル化が遅れ、海外からの観光客や私たちが不便な思いをするにとどまらず、この先、数年、10年、更に先を見越した際、このままの状況では、移動の不便さとともに、緩やかに地域の活力が削がれ、日本全体が徐々に弱ってしまうのではないかという焦燥感に駆られ、やれることから試してみようと様々なサービス企画を世に送り出し現在に至っています。

私たち RYDE が目指すこと

現在、私たちRYDEは、二次交通のデジタル化と、デジタルを通じたその活用を目的とした独自のモビリティプラットフォームを企画・開発しています。私たちのモビリティプラットフォームは、資本の大小、地域の大小に関係なく、全国の全交通事業者様・全自治体様が、持続可能なかたちでDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現できるようサービスを設計していきたいと考えています。デジタル化の波に乗り遅れ、取り残されてしまうのではなく、日本各地でのデジタル化を通じ、「二次交通をもっとわかりやすくもっと簡単に」することで、日本を地域から強く・元気にしていくこと、そして二次交通の分野においても、一次交通のように世界で最も素晴らしい移動体験を日本の各地で実現できるよう事業に取り組んでいきたいと考えています。

RYDE PASS / RYDE CYCLE / TRIP by RYDE

会社概要

社名
RYDE株式会社
設立
2019年9月
本社
東京都渋谷区恵比寿南一丁目20番6号 第21荒井ビル4F 408
資本金
2,806万円
事業内容
二次交通に特化したモビリティプラットフォームRYDEの企画・運営
取引先
全国各地の自治体様、交通事業者様、その他

認可

業務範囲
国内旅行
登録番号
東京都知事登録旅行業第2-7876号
登録年月日
令和元年11月14日
有効期間
令和元年11月14日〜令和6年11月13日
名称
RYDE株式会社
営業所の名称
本社
旅行業取扱管理者
岩村静可
受託取扱企画旅行
なし
旅行業約款
旅行業約款 [PDF]

経営陣

代表取締役 杉崎正哉
代表取締役 杉崎正哉
取締役CTO 芝原 悠介
取締役CTO 芝原 悠介

資料ダウンロード・お申し込み

導入のお問い合わせ

こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。

以下の内容を記載してお申し込みください
・担当者氏名
・連絡先メールアドレス
・電話番号
・会社名
・導入予定の路線名
・導入希望時期