ニュース

2022.04.28

RYDEと豊橋鉄道、豊鉄バスが提携開始 ~各社沿線を楽しめるデジタル乗車券を4月28日(木)より販売~

  二次交通のDXを推進するRYDE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 杉崎正哉、以下「RYDE」)と豊橋鉄道株式会社及び豊鉄バス株式会社(共に取締役社長 小笠原敏彦/豊橋鉄道:豊橋市駅前大通一丁目46-1、豊鉄バス:豊橋市植田町字新津田38番地)の3社は提携を開始しました。提携に伴い、デジタル乗車券「いこまい豊橋 電車・バス1日フリー乗車券」及び「豊鉄バス1日フリー乗車券」の販売を4月28日(木)から開始します。

モビリティプラットフォーム「RYDE PASS」の導入によって、豊橋鉄道及び豊鉄バス沿線上で自由に1日乗降車が可能な乗車券のデジタル化が、導入コストをかけずスムーズに実現しました。さらに、業務の効率化を推進するほか、多様化するお客様のニーズにお応えし、沿線エリアの人の流れを活発化させることで地域経済の活性化にも繋げてまいります。

豊鉄バス株式会社様とのお取り組み

商品概要

豊橋鉄道及び豊鉄バス沿線で使用可能なデジタル乗車券です。各エリアを訪問の際にPCやスマートフォンで簡単にデジタル乗車券の購入ができ、乗車時の入場もスムーズに。非対面、非接触でお客様の安心安全な旅をサポートします。

・商品名:  いこまい豊橋 電車・バス1日フリー乗車券
・販売期間: 2022年4月28日〜
・販売価格: 大人:1000円、小児:500円
・備考:   豊橋鉄道渥美線・市内線と豊鉄バス(高速バスを除く)が豊橋市内の区間に限り1日乗り放題の乗車券です

・商品名:  豊鉄バス1日フリー乗車券
・販売期間: 2022年4月28日〜
・販売価格: 大人:900円、 小児:450円
・備考:   豊鉄バス(高速バスを除く)が豊橋市内の区間に限り1日乗り放題の乗車券です

豊鉄バス株式会社 いこまい豊橋 電車・バス1日フリー乗車券


豊橋鉄道株式会社について

愛知県東三河エリアを中心に地域の移動を支える運輸を事業の柱に、旅行・建設業等様々な分野で地域に貢献する事業を展開しています。
渥美線は豊橋市と田原市を結ぶ全長18kmの路線です。両市で見ることができる花をモチーフに、10色で装飾した全10編成の「カラフルトレイン」として地域のみなさまにご乗車いただいています。また、自転車と一緒にそのまま乗車できる「サイクルトレイン」も好評です。
また、市内線(東田本線)は東海地方で唯一走る路面電車として地元のみなさまに愛され、休日には県外からお越しになられる方も少なくありません。夏季には「納涼ビール電車」、冬季には車内でおでんを楽しめる「おでんしゃ」など、イベント電車としても運行をしています。


 

豊鉄バス株式会社について

豊鉄バスは豊橋市内中央部に位置する豊橋駅から放射状にバス路線が広がっていることが特徴です。沿線にはスポーツ施設や商業施設等があり、バス路線を乗り継いで市内を移動できることが特徴です。さらに、豊橋市内には路面電車(市内線)が走り、田原方面へは渥美線が走っています。(市内線・渥美線は豊橋鉄道が運営)
豊鉄バスは様々な交通機関の中心となる豊橋駅から東西南北へ移動することができることが魅力です。